お歳暮でカタログギフトを選ぶのは便利だが注意も必要

お歳暮の贈り物としてカタログギフトが選ばれるケースが増えてきましたが、通常のギフトと同様にカタログギフトを選ぶのがふさわしいケースとそうではないケースがあることに注意が必要です。カタログギフトは品物を贈り主ではなく、贈られる人が決めるシステムとなっていますが、贈り主と同年代の人や若者の中では喜んでもらえる人が多い一方で、年輩者を中心にこのシステムがわかりにくいと思っている人は少なくありません。また、年輩者の中には、さかんにお歳暮で贈り物をしていたのがカタログギフトが登場するより前の時期にあたる人もおり、このような人に対してカタログギフトを贈ると、かえって不快な気分にさせる可能性があります。カタログギフトが登場する以前は、きちんと物品を選んで相手に贈るのが当たり前であったからです。

お歳暮の贈り物の中には、既に処分してしまったものや苦手なものなど、あまりありがたくないものが含まれていることがあります。カタログギフトはシステム上、ありがたくないものを受け取るのは回避しやすくなっていますが、完全に避けられるわけではありません。選択するカタログ次第では、ありがたくない品物で占められ、嫌な思いをさせてしまうことがあります。すべての人に贈り物で満足してもらうのはとても難しいことではありますが、できるだけ商品がバラエティに富んだカタログを選び、カタログギフトの商品選びを楽しんでもらえるような工夫をするのは重要です。

お歳暮のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*