お歳暮を贈る時期や品物について

お歳暮は一年間お世話になった方々に対し、感謝の気持ちを品物にのせて贈るという風習で、本来は相手に直接渡していましたが、近年では宅配などで贈られることが一般的となりました。お歳暮を贈る時期は12月13日~20日くらいの期間が良いと言われています。これは正月事始めの日を基準にしていると考えられており、20日以降はお正月を迎える準備でどの家庭も忙しくなるため、それまでに贈るのが良いと言われています。お歳暮で贈る品物は一般的には3、000~5000円くらいを予算とし、保存期間が長いビールやジュースなどの飲み物類、ハムやコーヒー、日持ちするお菓子が良いと言われています。

最近では時期が近づくとデパートなどで様々な商品が用意されるようになりました。相手が好きな品物を選ぶ事ができるカタログギフトも人気があります。品物を贈る相手に合わせて、お子さんがいる家庭であればジュースやお菓子、花が好きな相手であればフラワーギフトやグルメと花がセットになっているギフトセットなどがおすすめです。また、遠方に住んでいる相手には自分が現在住んでいる地域のご当地グルメを贈るのも良いでしょう。

万が一、期間内にお歳暮を贈ることができなかった場合関東では、1月7日までにのしの表書きを御年賀と表記を変えて相手に直接手渡しすると良いでしょう。関西の場合はもう少し長い1月15日までの期間に渡すようにしましょう。それでも間に合わない場合は、立春までに寒中見舞いとして渡すと良いでしょう。お歳暮のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*