会社のへお歳暮を贈るときの注意点

会社へお歳暮を贈るときにはお茶や珈琲などの消耗品を選ぶことが一般的です。紅茶だと高級茶葉を扱っている老舗のリーフティーティーバッグや、珈琲だと有名メーカーや人気珈琲ショップのドリップ珈琲など、普段よりもワンランク上の品が喜ばれやすいです。ビールやお酒なども良いですが、出来れば多くの人が車内で無理なく消費できるものがおすすめです。お歳暮は部署単位だとその人数に合わせて小分け包装している配りやすいもの、常温で日持ちがする焼き菓子などが定番です。

味の好みは一人ずつ違うので、甘いお菓子としょっぱい系のお菓子を組み合わせたりすることで誰にも喜ばれやすくなります。女性が多い職場ならドライフルーツやナッツなどの自然食品、コールドプレスジュースや飲める酢など健康系飲料などだと話題性もあってより記憶にも残りやすくなります。最近はお歳暮などを禁止する企業も増えています。そのため贈るときも事前に確認する必要があります。

渡し方は宅配便が主流になっていますが、本来は持参するのがマナーです。今後も良いお付き合いを続けるためにも挨拶をかねて手渡しするのもおすすめです。先方の会社に足を運んで1年間の感謝の気持ちと直接伝えることで、来年のお付き合いの縁をより確かにつなぎやすくなります。万一受け取れない場合でも、その場での辞退も出来ます。

返送する手間がかからないので先方にも利点があります。持参するときは先に連絡をしておいて都合の良い時間に訪問します。伺う行為が難しいときは挨拶状を添えたり、送り状を別便で送ってから宅配便で送ります。お歳暮のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*