お歳暮を贈るときのマナー

お歳暮は12月上旬から12月20日ごろにお世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈ったり、またはこれからも宜しくお願い致しますという気持ちを伝える為に贈るものですが、意外と贈るときのマナーを知らない方が多いかと思いますので、ここではお歳暮を贈るときのマナーについてお伝えしていきます。基本的に風呂敷に包んで持参するのがマナーとされていますが、近年では遠方に住んでいたり、忙しいなどの理由から宅配で送るケースも増えてきました。まず持参する場合のマナーですが、時間帯は早朝や食事の時間帯は避けた方が良いでしょう。具体的に葉午前10時から11時まで、そして午後14時から16時ぐらいに訪問すると良いとされています。

本来であれば事前に相手の都合を伺ってから訪問した方が良いのですが、もしも相手の都合を伺わずに尋ねる場合には、玄関先でお歳暮を渡して、すぐに失礼するのがマナーとなります。渡す際には最初に挨拶をしてから品物の風呂敷包みを開きます。そして先方がのしを正面から読めるように品物の向きを変えて手渡しするようにしてください。デパートやお店の紙袋で持参する場合にも、必ず紙袋から出して表書きが先方から読めるように向きを変えて両手で手渡ししましょう。

やむを得ず宅配で送る場合には、送り状を郵送するのが正式なマナーとなります。その場合は品物に同封するか、もしくは品物が届くよりも早く「送り状が」が先方に届くようにしましょう。このように近年では贈る方も減少してきたお歳暮ですが、やはり日ごろの感謝を伝えるために正しいマナーを身に付けて贈ってみてはいかがですか。お歳暮のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*